目指せ脱サラ!!30代から始める不動産投資。
30才で大家になりました!!脱サラに向けて不動産事業を運営しようと進めていますが、いろいろな困難に直面中です。それを解決して目標の脱サラまで進んでいく道のりを記録に残しています。お得な情報も紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱サラについて

人気ブログランキングへ ←情報収集できます!!

ご無沙汰しております。

2月末からずっと仕事の忙しさからあまり更新できておりません。
訪問していただいている方には申し訳ありません。m(_ _)m
昨日・今日も仕事を家でしておりました。
今日は少し気分を変えようと、図書館に行ってやってましたが、先程帰ってきてからまた続きをして、息抜きに久々のブログ更新をしております。

妻もなかなか休みが取りづらい仕事をしており、3月末に久しぶりに休みがとれたので、実家に帰りたいと言ってきたのですが、私は仕事でどうなるかわからないと言って、一緒に帰れるかどうかの回答を先延ばしにしていました。
ずるずると回答延ばしていたもので、妻と口論になってしまい、結局、妻だけが帰省することになりました(*_*;
うちは大きな喧嘩をして1日か2日ですぐ仲直りするのですが、やはり、仕事のことだと根が深いので、再発しかねません。

そういうことも含めて、私は現在の仕事より時間を自分の自由に好きなこと(不動産やその他勉強)に使えるようにしたいと考えて、「脱サラ」を目指しているわけです。

よく他の方のブログなどでも拝見しますが、不動産投資は、「脱サラ」はできても、不労所得を得て遊んで暮らすというのはなかなか難しいと書いてあります。

確かに、身にしみて不動産投資といいますか、不動産事業は簡単ではないです。
しかし、私はそれでも、まずは不動産事業をベースとしての脱サラ(起業)を目指しております。
もちろん今のままの金利で進むわけはないと考えているので10年、20年先は不動産投資はどうなるかわかりません。
そのため、海外やその他ビジネスにも目を向けています。

あまり大きな事を言える立場では無いですが、もし、これから不動産投資に手を出して、脱サラを目指し、遊んで暮らしたいと思われているのであれば、簡単にできないということは頭の片隅にでも入れておいてください。

↓応援クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いします。


不動産大百科のダウンロードはこちらから。無料です!!

不動産投資大百科
不動産投資開始の動機その2
人気ブログランキングへ
サラリーマンKです。

今日も寒いですね。
こういう時はコタツに入りながら温かい物を飲んで体を温めるのが一番ですね ^ ^
私はコーヒーよりお茶が好きなので、温かいお茶ばかり飲んでいます。
ちょっとテレビで緑茶が体にいいことをやっていたのでうれしかったです。
お茶っ葉をコーヒーミルで砕いて飲むと栄養素が多く摂れて良いみたいです。

さて、今日は不動産投資開始の動機をもう少し詳しく書きたいと思います。
前回は、会社が忙しく、自分の時間が使える様になりたいということで始めたというようなことを書いたと思います。

もう少し深くそうなった経緯を書きます。
ここから少し愚痴が含まれるかもしれません。
愚痴を聞いたり読んだりすると気分を害するという方は見ないほうが良いでしょう。

あれは、2008年。
景気は苦しくなり、製品は売れないため、売上がないということは、会社はどうやって利益を出すかというと、材料費、研究開発費など、そして、固定費をカットしにかかります。
固定費とはなんでしょうか。
そう、人件費です。

世間では仕事がなくなったということで、早く帰ったり、休みが増えたり、休み中は研修を受けたりといったことがされていました。

しかし、うちの会社と言いますか、うちの部署は別でした。
仕事は減らないのです。
更に予算がないので、少ない予算で効率よく、お金を使わず頭を使えと上の方の人たちは言ってきます。

うちの会社は、ボーナスの査定も、成果で決まります。
期初に目標を立てて、その達成度、つまり、QCD(Quality、Cost、Delivery)の観点から評価され、ボーナスの額が決まります。
しかし、その目標も納得のいかないような形で、詰め込まれた目標で、明らかに、このレベルの人がするような仕事じゃないだろう、というような目標を立てさせられた感があります。
上から言わせると、年々要求されるレベルは上がるのは会社が生き残るために当たり前だというような形で言われます。

確かに会社というものは、成長を追求していかないといけない集団であります。
でも、うちの部署は焦りすぎだとその時は思いました。

そういう中で、私も大きく、多くの目標を与えられ、さばききれなくなるのは目に見えていました。
しかし、直属の上司自身もいっぱいいっぱいです。
その直属の上司は違う場所に転勤になり、その上司の上司は今は会社を辞めてしまっています。

直属の上司は、プロジェクトのリーダーをしていたのですが、結構休みがちで、私が代役をすることが多々あり、その都度、プロジェクトの遅れが大きいことから部長から怒られることが多々ありました。
それに加えて、細々したテーマもさばいており、それは別の部署とやりとりして、調整係というよりは、謝る係みたいになっていました。

上からは遅れるなと言われ、それをメンバーに伝えると、メンバーからはそんなのできるはずもないと文句が出てきました。
言わば板ばさみ状態。
ある会議で、文句が噴出してしまい、その場では収集できず、持ち帰るとしか言い様がなく、その会議の後に、私はどうしようもない無力な自分に悔しくなり、トイレでひっそりと泣きました。

そこから体調がおかしくなってしまったのです。

もともと朝8時半くらいから夜10時まで働くのを1年から2年続けていたのに加え、その仕事のプレシャーや人間関係からのストレスから胃腸が痛くなり、頭にはハゲはできなかったものの、頭皮にはブツブツができていました。

それで、気持ちが悪くなることが多くなり、胃腸薬などを病院からもらい、会社をしばらく休むことになりました。
休むと更に将来が不安になりました。ずっと働けるんだろうかと。

休んでいる前からこんな生活が40才、50才と続くのは嫌だと思っていたので、いろいろ調べていたのですが、休んで時間ができてから、様々な種類の投資や本を読みあさりました。

そこで自分の時間が取れるようになり、将来の備えに不動産投資が良いのではないかと思い、不動産投資を始めるに至ったわけです。

今はきちんと体調も戻り、出社して元の部署でまだ働いています。
休んでいたこともあり、仕事の内容は少し配慮され、渉外や人の管理ではなく、私がやりたかった技術的な仕事をさせてもらっています。

ただ、早く脱サラしたいという目標は心の中に深く深く刻まれています。


↓応援クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いします。
不動産投資開始の動機
人気ブログランキングへ
サラリーマンKです。

不動産投資をなぜ始めようとしているかの動機を書きたいと思います。

私もよく不動産投資されている方のブログや書籍を拝見しますが、そこでよく目にするのが「金持ち父さん貧乏父さんを読んで不動産投資を始めた」です。

私は実はそのパターンではありません。
金持ち父さん貧乏父さんが出版された頃はまだ学生で、そのころは将来サラリーマンか研究者で一生を終えるんだろうなと思っていました。
まさか投資を考えるとは思ってもいませんでした。

しかし、2005年に会社に入社した時は、いざなぎ景気の真っ只中で、年々、仕事や人などがだんだんと増え、会社もそこそこ大きかったため、プロジェクトも大きいのがゴロゴロ、納期に間に合うためにお金と人をジャブジャブ、言い方は大げさかもしれませんが、残業は当たり前で、でもお金が出るからまあ良いか、と、いった感じでした。

そこから一気にリーマンショックで景気が傾いたときに、今まで目をつぶっていた上層部も予算削減、効率化優先といったことを柱に、遅れを挽回するためには、お金を使わずに頭を使えと言われ、給与システムも残業をしてもお金が出ないようなシステムを選択する人が空気的に多くなりました。

そんな仕事が非常に苦しく、残業しても給料が増えないといった中で、いかにしてお金を入手しつつ自由な時間も手に入るかということを模索していました。
結構、矛盾した目標ですが、いろいろ本を立ち読みしたり、ネットを調べたりしていると、ほんとかよ!というのから、うらやましいなぁというのまで様々出てきました。

FXや株式、古本せどり、オークション、アフィリエイト、ドロップシッピング、まあ、流行りものはいろいろ調べたり手を出したりしました。
しかし、なかなかうまくいかなかったり、睡眠時間を削ってやったりしたので体力的にも厳しく、当初の目標と違うけれど、この副業でうまくいったら必ず楽になるなどと考えていました。
結局、簡単にできるFXや株式でも結構損をしてしまいました。
相場に張り付いていないといけないのと、私の中にある大衆心理を捨て去ることはできず、上がったらまだ上がるんじゃないか、下がったらもうちょっとで戻るんじゃないかといった感じで負けました。
3年で200万くらいは負けたんじゃないでしょうか。
その時はまだ独身でしたので良かったですが、後から考えて車が一台買えたなぁと後悔しました。

そうこうしていると、ある日、BIGtomorrowという雑誌を読んでいると、不動産を持っていて、放っておいても家賃収入が入ってきて、自由時間とお金を手に入れている人の紹介を読みました。
また、不動産を意識している中、テレビ番組で、有名な藤山勇司さんや専業主婦大家の鈴木ゆり子さんが紹介されていました。

もうこれしか無いと思って、不動産関連の本を買いあさりました。
一気に30冊くらいは読んだでしょうか。
もちろんその本の中には「金持ち父さん貧乏父さん」も入っています。

今では、不動産の勉強は、仕事はもちろんのこと、遊びなどよりも興奮してわくわくします。

いかに他の投資より不動産投資がリスクが低いかということなどが分かり(まだ購入できてないので分かったつもりかもしれませんが)、これをして脱サラして自由な時間を手に入れようと決心しました。

一時期は会社を辞めて、お金より時間の方が大事だと思って、好きなことをしようと考えていましたが、融資を受けるのは勤続年数も重要、いわゆる属性ってやつですね。
そのため今も同じ会社になんとか勤務しています。

次回は不動産投資にはいろいろな投資方法があるみたいですが、私が選んだ方法を紹介したいと思います。


↓応援クリックお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。